こちらで笑の壺売ってます

夜勤者の悩み。夜寝ない認知症利用者との向き合い方の提案

夜勤をしていて一つの悩み事として夜寝ない利用者がいることではないでしょうか?

夜勤もいろんなことをやらなくちゃいけないのに寝ない利用者を放置するわけにもいかずストレスを溜めている方は多いと思います。

そこで自分のキャリアから寝ない利用者との向き合い方、対応法を提供していと思います。

決して寝かせる方法ではないのでご注意ください。

なぜ寝ないのか?メンタルの保ち方をご紹介いたします。

夜勤者の大きな悩み。夜寝ない利用者と上手く向き合いメンタルを保つ考え方とは?

なぜ夜寝ないのか理由を考える

夜になったら寝るという感覚が無くなってる

認知症になると時間の感覚が無くなっていきます。(見当識障害)夜になって空が暗くなっても今が何時なのか?昼なのか?夜なのか?ということがわからないので夜=寝る時間という式が成り立たなくなってしまいます。

心配事や不安事があり一人では眠れない

今の介護施設はかなり個室対応の施設が多くなってきました。

昔は家族も多く夜でもみんなでワイワイやっていたのが個室で一人となると寂しさから落ち着かなくなる利用者は多いです。

ホールで眠くなるまでとことん話し相手をしてあげると安心して眠くなることもあります。

可能なら寝付くまで一緒に横になってあげてもいいと思います。

夜間頻尿

腎臓だったり膀胱の疾患のため頻尿だったり、薬の副作用で夜間に頻用のためどうしても起きざるを得ないことがあります。

これはコントロールできる可能性があるので主治医や専門医に相談してみてください。

高齢者は睡眠障害にかかりやすい

特に施設にいる高齢者は家族との離別住まいの環境の変化日中の活動量が少なくなるために睡眠障害になりやすいことが学術的にも証明されています。

利用者自身もストレスが大きく生活に支障が出ることは珍しくありません。

メンタルの保ち方

寝ない理由に寄り添う

利用者が寝ないことを責めても何も解決しません。

本人も職員を困らせたくて寝ないのではなく、何かしら理由があるのでその理由に寄り添ってください。

必ずしも寝ない利用者を叱責したりしないように。

ストレスが増えて余計に寝ない可能性が強くなります。

夜に必ず寝るという概念は捨てる

認知症の利用者にはその人にしかわからない世界観がありますから、周りの100人が夜だからと寝てもその利用者の中では夜ではないので寝る理由がないのかもしれません。

夜だから寝るというのは職員の主観なので思い切って夜=寝る時間という常識を取っ払ってみると気持ちが軽くなります。

あくまで気の持ち方ですのでどうせ寝ないからといって初めから寝かせないのはやめましょう。

寝不足により日中の活動に支障が出ると更に認知症の症状が強くなる可能性があります。

周りの職員にどうしてるのか聞いてみる

施設職員の最大の利点は自分が困ってることは、他の職員も困っているのことが多くチームで考たり経験値を分かち合えることにあると思っています。

役職の有無や経験の違いがあっても皆同志ですので知恵を貸してもらいましょう。

睡眠薬で寝かせることはアリかナシか?

必ずといって出てくる問題が薬で眠らせればいいのではないか?ということです。

個人的にはこれはメリットもあるしデメリットもあると思うので以下の表にまとめました。

メリット

  • 脳に直接作用するので化学的に眠気を誘う
  • 利用者自身が薬を飲んだらもう寝るというリズムを作れるので寝てくれる

デメリット

  • 薬の副作用から転倒リスク上昇や体調不良の訴えが出る可能性がある
  • 余計に体内時計のズレが生じる可能性がある
  • 薬を飲んだから寝るとは限らず「薬を飲んだのに」と介護者のフラストレーションが大きくなる可能性がある

経験から個人的に睡眠薬は飲ませません。デメリットの方が大きいと思っています。

それでも辛い時は?

ケアマネや責任者に相談する

夜勤者の労働環境がキツすぎることは施設全体としての問題と考えられるので、ケアマネや責任者に相談してみましょう。

ケアマネも施設責任者も同じ道を通ってきてるパターンが多いです。

親身になって聞いてくれるはずです。

とにかく誰かに話を聞いてもらう

会社の人間には相談しづらい場合もあるかとは思います。

そんな時はSNSなどでとにかく辛い気持ちを外に吐き出しましょう!最近ではココナラというサービスで有料にはなりますが話を聞いてくれたりメンタルヘルスの専門家に相談することもできます。

まとめ

認知症高齢者が夜寝ないことはある程度割り切って仕事にあたる。その代わり終わったら自分にたくさんご褒美をあげよう!

夜勤が終わったら自分にご褒美を

介護施設の夜勤は本当に大変な仕事です。

肉体的にも精神的にもものすごくストレスが溜まりますので夜勤が終わったら十分に自分を甘やかしてご褒美に自分の好きなことをトコトン楽しみましょう。

やっぱり温泉旅行なんかはおすすめですね。体も心も癒してくれます。

旅に出るなら楽天トラベル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。