こちらで笑の壺売ってます

【弱者でもリッチに!】介護士の安い給料でも豊かに暮らす方法!〜貯める編〜

介護士というのはイメージ通り給料の低い職業です。

厚生労働省の賃金基本構造系統調査によると2019年の介護職員の基本給与は2,535,000円と業種別で見てもかなり安いです。

でもこの仕事に誇りややりがいがあるけどもうちょっと豊かな暮らしがしたいという方に少ない給料でも豊かに暮らす方法を稼ぐ・貯める・増やす・守る・使う編に分けて解説したいと思います。

少ない給料でも豊かに暮らす方法ってどうするの?

豊かに暮らすとは?

皆さんは何歳まで働きますか?人生100年時代と言われるようになった今、60歳まで働きその後年金で生活するということはまず不可能な時代となりました。

そして今の給料じゃとても貯金できない。

仕事を死ぬまでやらなければいけないのか?そんな漠然な不安を持っている方も多いと思います。

老後にゆとりのある生活=豊かに暮らすことはお金持ちじゃないとできないと思っていませんか?

できればこれから書いてあることを今日から初めてください。

即効性があるものが多く、その期間が長ければ長いほど有効で収入の少ない私たちでも安心して老後を迎えることへの参考になればと思います。

宵越しの金は持たないタイプの方はそれでいいと思いますが、予備知識だと思ってちょっと覗いてみてくださいね笑

教科書について

私は金融のプロではないですし、今資産形成をしている途中なので私がお金の勉強をする上でとても参考になった書籍を紹介します。

とてもわかりやすく、とても大事なことが網羅されていてとてもおすすめです。

もっと深く知りたい方はこの本をお読みください。解説ごとに筆者でもある両学長のYouTubeチャンネル動画のQRコードもついていてそちらでも分かりやすく解説してくれています。

両学長ってどんな人?

高校1年生で企業し、ビジネスを独学で学び失敗を繰り返しながら経済的自由を手に入れた今でも会社社長、Youtuberとして活躍中。

Youtubeチャンネル両学長リベラルアーツ大学は2022年2月現在チャンネル登録者数188万人。著書の「お金の大学」は100万部以上の売り上げ(電子書籍含む)

 

給料が上がらない日本

皆さんは入社から毎年給料は上がっていますか?昇給はどのくらいですか?介護士に限らず90年代のバブル崩壊以降会社員の年収は2013年からのアベノミクス政策で少し回復はあったものの未だに30年前の給料を超えていません。

三井住友生命の調査では2000年以降先進国8カ国(米国、イギリス、ドイツ、カナダ、フランス、オーストラリア、イタリア、日本)では賃金伸び率がマイナスとなっているのは日本のみです。

出典:三井住友DSアセットマネジメント

原因は低金利政策や少子高齢化など色々な要因があるのですがそこを解説すると話が終わらないので今回は割愛します。

とにかくこのまま何もしないと収入が増えないので貯金もできません。

物価は上昇を続け、貯金の価値がどんどん下がっていきます。

現在100万円貯金があったとして、今は貯金で車を買えるかもしれませんが、国が進めているインフレにより20年後に車の値段は120万円になっていますが貯金は利子を含めても4000円しかついてないので買うことができません。

支出を減らす=貯める力がつく

ではどのように貯金を増やすか、給与などの収入を増やすには時間や手間と生活を大きく変えなければならないので、まず最初にできることは支出を減らすことです。

それは一日1食にするとか電気を使わずに暮らすとかそういう事ではなくて(それでも構いませんが・・・)もっとできるところから始めてみましょう!

固定費を見直そう!

通信費

まずは通信費、要は携帯代です。皆さんは月々携帯代いくら払っていますか?最近は格安SIMの台頭によりかなり安く済ませることができるにも関わらず変えてない方が私の周りにも多いです。

月々8000円支払ってるとして、格安SIMに変えると約2000円程にすることができます。

その差は6000円です。12ヶ月で72,000円節約することができます。

そして格安SIMに変えてない人は大体同じことを言ってやっていません。

  • 通話音質が悪くなるから。→通話ほぼLINEしか使ってないじゃん
  • キャリアメールが使えなくなるから。→googleメールとLINEしか使ってないじゃん。
  • 違約金がかかる→昔と違い今はかかりません。
  • 契約が面倒→今はお店に行く必要もなく全て家でネットで契約が完了します。

そしてこれだけのことに月6000円払うのもバカバカしくないでしょうか?3大キャリアの格安SIMなら本当にほぼSIMカードを交換するくらいでカスタマーセンター的なところにTELする必要もありません。

私もソフトバンクからYモバイルに変えましたが手続きは本当に簡単でしたので1日でも早く変えることをお勧めします。

光熱費

2016年4月より電気供給会社に色々な会社が参入できるようになりました。

「エネナビ」なら数ある電力会社からお住まいの地域と電力の使用状況をヒアリングして、最安の電力会社と料金プランを紹介、契約切替もワンストップで行えるので楽に電気料金の見直しができます。

保険

次に保険です。生命保険の保障内容は理解していますか?営業の言われるがままに契約した方も多いのではないでしょうか?生命保険とは自分が亡くなったときに家族が生活していけるように入るものです。

決して年末調整のためや、健康時の返金ボーナスのために入るものではありません。余計な保障内容の保険に入るくらいなら定期的に健康診断を受けて早期発見、早期治療の方が医療費は安く済みます。

介護士他の職業に比べると腰や膝のケガや、精神疾患に罹りやすい職業ではありますが、仕事上の怪我であれば労災が適用になりますし、(労災隠しは刑事的に処罰対象になります)精神疾患は保障される保険商品はほぼ無いので、極論生命保険に入るメリットがあるのは就業前の子供がいたり、持ち家がある方だけでもいいでしょう。

日本の健康保険には高額療養費制度があり、収入によって負担額の上限は違うものの年収500万円までの人は限度額が約8.7万円になります。

この制度を使えば医療費が8.7万円以上請求されることはありません。働けず給料が会社から出ないとなっても傷病手当金が支給され、給与の約7割が支給されるため生活に困ることはほとんどありません。

保険の役割を表で表すとこのようになります。

 低確率高確率
損失小貯金で備える貯金で備える
損失大保険で備える絶対近寄らない!

マイホーム?マンション購入?賃貸?

永遠のテーマでもある家は買った方がいいのか、マンション購入の方が維持費が安くて済むか、賃貸の方が結局は安く済むかですが、結論を言うと大差はありません。

家やマンションは買うと資産になるのでその方が有利なんじゃ?と思うかもしれませんが、新築物件は広告費などが含まれており、1日でも住んで時点で中古物件となり、一気に価格が下がります。

バブル崩壊以降不動産は高級住宅地のマンション以外は売却した時に間違いなく値段が下がります。売却した時の中古品としての値段を「リセールバリュー」と言い、リセールバリューの高い物件を買うのが大切ですが、素人では無理だと言われていますので、自分や家族の生活と照らし合わせて物件を選びましょう。

リセールバリューの考え方はスマホや家電などを買う時にも応用が効きますので大きい金額のものを買う時には考えて買うようにするといいと思います。

車に関しては新車をローンで買うことはおすすめできません。

不動産と同じように、広告費などの車本体の値段とは別の経費が含まれていることが多いためです。

おすすめは新古車を現金一括買いです。新古車とは試乗車などのいわゆる未使用車ですね。

数そのものが少ないので購入時期より早めに販売店に声をかけておいて、新古車が入荷しそうになったら連絡をもらえるようにするといい車ができるだけ安く手に入る可能性が高くなります。

極論を言うと車は維持費(燃料代、駐車場代、保険代、車検代、税金など)がものすごくかかるので実は買わずに公共交通機関やタクシーに乗った方が安上がりになります。

税金

税金を払うことは日本人の義務ですし、会社員だと給料から勝手に引かれるので節税は難しいと思いますが、キーワードは「控除」と言う言葉です。

税金額はもらった額によって決まる(課税所得)のですがもらった額(支給額)から社会保険料などの(控除額)を引いたものが課税所得となるので控除額を増やせば増やすほど払わなければならない税金が安くなります。

確定申告をやってみよう!

会社員の場合、年末調整の際にほとんどの控除は会社の事務員さんがやってくれていますが、自分でやらないと控除にならないものが3つあります。

  • 医療費控除 年間10万円を超えた分は控除額になりますが医療保険の効かない歯のインプラント、目のレーシック手術、不妊治療も対象になるのでその際は確定申告が必要です。残念ながら美容整形は対象になりません。
  • 雑損控除 災害などで家や土地などの財産に損失が出た場合には控除の対象になることがあります。
  • 寄附金控除 その名の通り寄付金は控除対象になります。ふるさと納税が流行しているのもそのためで、お金に詳しい人はほとんどがやっていますし、元ZOZOの社長前澤さんがTwitterなどでやたらとお金を配っているのもそのためと言われています。

そして、一回実際に確定申告を自分でやってみましょう。

用紙にはたくさんの項目があり、それを知るだけでも勉強になります。

マイナンバーカードを作ればスマホと連携させて自宅で確定申告ができますのでおすすめです。

まとめ

給料が安くても豊かに暮らすためにお金を貯める方法を勉強しよう!そのためにはまず固定費の見直し!「スマホ」「保険」は今すぐ見直すことで月2万円は自由に使えるお金が増えるかも!?

長くなりましたが最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。