こちらで笑の壺売ってます

【管理者目線で解説】グループホームで働くのに向いている人6選!

福祉・介護業界に興味をもち、働いてみたいと思いながらもどんな介護事業所で働けばいいか迷っている方に今回はグループホームに向いている方のタイプをご紹介したいと思います。

介護の仕事に興味あるけどグループホームに向いてる人ってどんな人?

グループホームってどんなとこ?

グループホームは正式名称を認知症対応共同生活介護といい、その名の通り認知症の利用者さんを対応することになります。

認知症のために生活する上での困りごとに対して対応をしながら認知症の進行を抑えることも任務になります。

全てユニットという少人数ごとの対応(グループホームは9人以内)になり、介護度も比較的軽いことが多いです。

体は丈夫なために徘徊や被害妄想などの認知症への理解が必要不可欠となります。

私はグループホームで12年、管理者としても5年ほど働いた経験がありますのでその目線からも書いていきたいと思います。

グループホームで働くことに向いてる人は?

忍耐力のある人

介護という生活のお手伝いをする仕事ではありますが、グループホームには認知症の進行の予防という大きな役割も担っています。

そのために全て介助してあげていたのでは認知症が進行してしまうのである程度時間がかかったり、失敗しても自分でできることは見守ることが必要になってきます。

そして認知症で自宅での生活が難しくなって入所しているので、普段の生活では考えられないような行動をとる利用者さんも多くいるためその行動に対する忍耐力も必要です。

協調性の高い人

グループホームは利用者3人に対して1名の介護員という人員配置が基本です。

1ユニットの最大利用者数は9名なので日中は3人の職員で仕事をすることになりますが、認知症対応はチームワークです

例えば薬を飲んでくれない利用者さんがいます。

Aさんだと中々飲んでくれないがBさんが対応すると飲んでくれるということが普通にあります。

これは決してAさんの対応が悪かったということではなく職員同士がお互いに助け合いながら対応を行わなければならないことが多くあるので協調性は必須です。

ポジティブシンキングな人

認知症は脳の病気であるために職員側の思うように利用者さんの協力が得られなかったり、思いがけない行動をとるものです。

そういった時に利用者さんに対して怒ったりあからさまな態度をとるのはNGです。

例えばコップに入っているお茶を床に撒いてしまった場合「床が汚かったから気になったのかな?」「ありがとう」など利用者さんに対して優しい言葉をかけられるような人が向いてます。

オールマイティなスキルがある人

私が12年もグループホームで働くことができているのはこの部分が強いのかな?と個人的には思っています。

グループホームの人員基準に看護師やリハ系の療法士、栄養士などが必須ではないため、職員の絶対数が少ないことが多いので一人で複数の役割ができると施設側としても重宝したくなります。

料理が得意とか絵を描くのが上手など一見介護と関係ないことでも全然構いません。私も機械に強かったり前職がホームセンターだったため住宅設備にそれなりに詳しかったりしたのでその辺の知識も仕事で使うことができました。

分け隔てなく人付き合いができる人

グループホームは身体介護が他の施設に比べてそれほど多くないこともあり、様々な年齢層の職員がいるため色々なタイプの職員とも協力しながら仕事を必要があります。

グループホームはサービス種別で言うと地域密着サービスといい、地域の方々(町内会の役員さんや、地域の民生委員、交番や消防署の方)とも協力し合う必要があります。

業種が違っても協力して利用者さんのために仕事ができる人はグループホームに向いています。

働く時間の融通が効きやすい人

入所施設は24時間365日営業なので土日祝日や年末年始、お盆などでも働ける人だと勤務表を作る側の人間としてはものすごく助かります。夜勤ができると尚更良いです。

施設にもよりますが、管理者やケアマネなどは行政や居宅のケアマネさんからの対応のために平日の日中に業務をしなければならないことが多く、それでも法定休日は休まなければならないのでどうしても土日や祝日が休みになることが多いです。

その分管理者不在時の職員の人出がとても大切になってくるので曜日や時間の融通が効く人は重宝します。

グループホームで働くには?キャリアアップなど

グループホームで働く上で必須な資格などはなく、無資格未経験で働くことができますが、施設としての売上を上げるために介護福祉士があると施設側は嬉しいです。

ある程度経験を積むと認知症実践者研修という認知症介護のワンランク上の知識や対応力をつけるための研修があり、それを受けるとリーダー研修や管理者研修などの管理職になるための研修を受けることができます。

私の話になってしまいますが今の職場に入った時はヘルパー2級しか持っていませんでしたが、経験を積むことで介護福祉士を取得し、認知症実践者研修→管理者研修と研修を受け管理者になりました。

前の項目にも書きましたがあまり経験がなくても得意なことが一つでもあれば武器になるのがグループホームです。

経験不足が気になる方でも思い切ってグループホームで働いてみてはいかがでしょうか?

おすすめの転職支援サイトはケアジョブ!

転職支援サイトのおすすめは「ケアジョブ」です。

専任のコンサルタントが一名つき、スピーディで丁寧な対応利用満足度96.2%と高い満足度を得ています。

北海道、東京、兵庫、広島、岡山、福岡を始め取引先が多く、 人気の施設・企業・病院など豊富な求人数があり、非公開求人も多数あります。

※北海道・東京都・兵庫県・広島県・岡山県・福岡県内の就業先を取り扱っておりますので他地域の方は対応できないことがあります。

まとめ

グループホームに向いているのは忍耐力、協調性、ポジティブシンキング、得意なスキル、コミュニケーションに長けた人!まずは資料請求や問い合わせしてみよう!!

他の施設と比べると異業種からの転職のハードルが低いのも特徴かと思いますので悩んでいる方はぜひ思い切ってお問い合わせしてみるのをおすすめします!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。